みんこ先生の着物にまつわる うぇぶろぐ

有松で雪花絞り体験(前編)

有松で、雪花絞りの浴衣地が染められる体験ツアーに参加してきました。

Re-TAiL(リテイル)稀温さんがこの企画をfacebookで紹介しているのを見て、こんな素敵な企画はすぐに満席になるだろうからすぐに申込みしな!と思って急いで手続きしました。

が、当日集合場所に集まったのは私含めて3人(笑)
でも集まった私たちは、少ない方がありがたいよね!と皆同じ意見^^
e0005204_20065374.jpg

午前は、久野染工場久野浩彬さん さんのガイドで、有松の旧街道を歩いたり、絞り会館で絞りの道具の説明や歴史についてのお話を聞きました。

春の絞り祭りの時に、何度も有松へ訪れていましたが、じっくり展示物を見たり読んだりしたことがなかったので、とても興味深く面白かったです。

e0005204_20065373.jpg写真は全部、絞りの技術に使われる道具で、かつて絞りの浴衣はどんどん売れたので、どんどん新しい柄を開発する必要があり、いろんな絞りの道具が使われたそう。床に置いてあるただの柱に見える丸太も絞りの道具と聞いてビックリ!

e0005204_20065357.jpg

浴衣が最も流行った(売れた)のは大正時代だったそうで、絞りの浴衣も、普通の染めの浴衣も、当時の貨幣価値で一反3万円くらいだったそう。

えっ!それ高くない??
と私は思ったんだけど、意外とそうでもないらしい(^^;

ちなみに雪花絞りは化学染料が使われるようになったから出来るようになった技法で、昭和からのものだそうです。

e0005204_20065234.jpg

知多半島の地図を見ながら、この日に染める知多木綿についての説明です。

知多木綿はアメリカで栽培された綿花を、知多で木綿糸にして織ったもので、その反物を自転車に積んで有松まで運んでいたそうです。
e0005204_20065365.jpg

有松絞りの実演をされている職人さんに「何歳からこの仕事をされているのですか?」と質問をしたら、左の方は、好きになった人の家の稼業が有松絞りのお家だったので、腹を括って嫁いだとのこと。結婚するまでは普通のOLさんだったそう。

右の方は、小学校2年生から。隣の家が有松絞りをしていて、遊びに行って教えてもらい、みんなで競争して必死にやったとお話ししてくださいました。
てっきり「生家がそうだったから」と思い込んでいましたが、そうではなかったみたい。人生いろいろ(笑)


e0005204_21075799.jpg

昼くらいに国道1号沿いの久野染工場に到着し、地元カフェのお弁当をいただき、午後からはいよいよ絞り体験!


後編へつづく













by minko1234 | 2017-04-16 15:56 | 作成
<< 2017年夏!浴衣着付けいたします 有松で雪花絞り体験(後編) >>



着物でおでかけした日や授業だった日に書くブログ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール と リンク
※2016年度全日本着付け技能検定 1級・2級 取得

★出張着付けいたします(+ヘアセットも可)
着物の着付けに関するお問い合わせは→着付け依頼
★予約状況をチェック →着付け予約状況カレンダー

土日祝のみですが、一宮市の自宅で着付け教室を開催してます。
尾張一宮駅・名鉄一宮駅より徒歩10分くらい。駐車スペースもあります。
※最近忙しくなり、定期的なお稽古ができないので、初心者さんの教室はお休みしています。

◆知りたいことだけ・覚えたいことだけのピンポイント教室
○1回 3000円(2時間)

まず最初に、何を目標にしたいかをお伺いしますので、その目標に向かった内容で教室を進めていきます。興味のある方は↓
『みんこ先生の着物着付け教室』

住所・電話番号は公表していませんので、まずは各お申込みフォームか、miff32@hotmail.com へ連絡ください。




高校が一宮高校被服科でした。3年生で和裁班を選択。和裁と和裁の合間に普通授業がありました(--;

25歳より京都に本部のある「新装きもの学院」で着付けを習い始め、27歳で師範の免許をいただきました。
新装きもの学院(京都)

着付けを通じて、たくさんのいい出会いがありました。
仕事として厳しい指導をしてくださる方、着付け練習会で切磋琢磨できる仲間。
同じ位置でとどまらず、日々向上していかなければとがんばっています。
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧