人気ブログランキング |

みんこ先生の着物にまつわる うぇぶろぐ

めっさ着付け練習会と京都満喫の旅(1日目午前)

私が大阪に住んでいた時に参加させてもらっていた『めっさ着付け練習会』。一宮に戻ってからはネットやラインで『めっさ』に参加していましたが、リアルな参加は3年ぶり!
今回は東京から、女優さんなどに着付けをされている先生をお招きしての練習会が開催されるということで、久しぶりに京都に行くことにしました。
そんでもって、「せっかくなら泊まりで・・・(^m^」
ということで、京都満喫の旅スタート!!
最近めっきり忘れっぽくなったので、私用の忘備録として4部作にしました。

朝9時半に京都駅に東京からおこしのSUMI先生がいらっしゃるとのことで、その時間に合わせて、貧乏性な私はJR在来線で2時間かけて京都へ。
車でお迎えに来てくださった久美さんと3年ぶりの再会を果たし、間もなくSUMI先生も到着され、車内から東寺の五重塔を見つつ、案内してもらったのが「島原」。
江戸時代に花街(かがい)だった場所だそう。

e0005204_183823.jpg「花街」と聞くとなんとなく、遊郭、吉原、花魁という発想になるけれど、「花街」は歌や舞を伴う遊宴の町で。逆に「遊郭」は歌や舞もなく、宴会もしない、そう、イメージしているような場所(^m^ムフ

なので、この木格子の中から「おにーさん遊んでいきなんし~」と声をかけられるなんてことはなかったそう(笑)


e0005204_18171480.jpgこの風情漂う建物は「輪違屋(わちがいや)」。太夫(たゆう)や芸妓をかかえていた由緒ある「置屋」
現在は太夫のみを抱え、太夫の教育の場であり、また、宴席の場として営業中のため非公開。

太夫ってことは、やっぱりおねーちゃんはいるんじゃ~ん!
と期待しちゃうけど、「太夫(たゆう)」は遊宴の席で接待する女性のことで、いわば芸妓部門の最高位
「花魁」は芸を披露しない、娼妓部門の最高位とのこと(笑)
ちなみに太夫さんは現在も島原に5名みえるそうです。


こちらはe0005204_18385170.jpg「角屋(すみや)もてなしの文化美術館」
かつての「揚屋」さん。
揚屋とは・・・置屋から太夫や芸妓を派遣してもらって、お客様に遊宴をしていただくところ。
簡単に言うと、お座敷の宴会場^^
新撰組も御用達だったそうで、酔って暴れた刀傷が2階のお座敷には多数あるそうです(^^;


e0005204_1922583.jpgこのお庭を眺めながら
宴会したそうです。
ライトアップがあるわけではないので、宴会は昼間から・・・(^m^

「角屋(すみや)もてなしの文化美術館」は、着物の人は入館料が半額になるそうで、着付け師が3人もいたのに誰も着物じゃなかったという残念なオチorz.


e0005204_18341153.jpg島原にも吉原のような「大門」がありますが、吉原のように時間になったら閉ざされ自由に出入りできない門とは違って、老若男女誰でも出入りできる開放的な門だったそう。
現在は、めっちゃ自由に車やらバイクやらがバンバン通り、逆に焦ります(^^

この島原のように、雑誌にはあまり載っていないちょっとマイナーな場所こそ、本当の京都らしさを感じます。今回の旅は終始こんな感じ(^^)v企画・案内してくださった久美さんに感謝!!


e0005204_1913918.jpg島原を後にして、車でランチへ。
予約してくださっていたのは、二条城近くの立命館大学内に入っている野菜レストランTAWAWA
ここで大阪からのメンバー、がちゃさんが合流。

思わず白ワインを注文したくなるお洒落なオードブル^^
ランチ後に本来の目的の練習会があるから、飲めないけどね(^^;

着付けのことや家庭のこと、女が4人集まればおしゃべりは尽きませんが、お時間なのでそろそろ練習会場へ・・・
by minko1234 | 2015-07-04 09:30 | 着物でおでかけ
<< めっさ着付け練習会と京都満喫の... 着物で奈良観光(前編) >>



着物でおでかけした日や授業だった日に書くブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール と リンク
※2016年度全日本着付け技能検定 1級・2級 取得

★出張着付けいたします(+ヘアセットも可)
着物の着付けに関するお問い合わせは→着付け依頼
★予約状況をチェック →着付け予約状況カレンダー

土日祝のみですが、一宮市の自宅で着付け教室を開催してます。
尾張一宮駅・名鉄一宮駅より徒歩10分くらい。駐車スペースもあります。
※最近忙しくなり、定期的なお稽古ができないので、初心者さんの教室はお休みしています。

◆知りたいことだけ・覚えたいことだけのピンポイント教室
○1回 3000円(2時間)

まず最初に、何を目標にしたいかをお伺いしますので、その目標に向かった内容で教室を進めていきます。興味のある方は↓
『みんこ先生の着物着付け教室』

住所・電話番号は公表していませんので、まずは各お申込みフォームか、miff32@hotmail.com へ連絡ください。




高校が一宮高校被服科でした。3年生で和裁班を選択。和裁と和裁の合間に普通授業がありました(--;

25歳より京都に本部のある「新装きもの学院」で着付けを習い始め、27歳で師範の免許をいただきました。
新装きもの学院(京都)

着付けを通じて、たくさんのいい出会いがありました。
仕事として厳しい指導をしてくださる方、着付け練習会で切磋琢磨できる仲間。
同じ位置でとどまらず、日々向上していかなければとがんばっています。
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧