みんこ先生の着物にまつわる うぇぶろぐ

振袖とイクラと忘年会

お正月、成人式に向けての「晴れ着講習会」でした。
振袖の着付けは帯結びがゴージャスなので、あの帯結びが出来ることが凄いと思われがちですが、実は振袖までをきちっと着せることの方が難しいのです。表に見えない中の部分はテキトーでは、振袖はきれいに着せられません。
まず肌襦袢(はだじゅばん)で衣紋(えもん)の抜きを振袖用に決め、衿肩あきが左右対称であることも確認します。次にその人の体型に合わせた補正をし、長襦袢へ。
長襦袢は肌襦袢の衣紋の抜きを基準に決めて、首の横が開き過ぎないように衿をのせて、前の衿あわせは喉のくぼみのところで直角に交差して衿が左右同じ位置を通っていることを確認して胸紐をします。若い人の着付け(特に振袖)は初々しく、衿が開き過ぎないように着せるのがポイント。そして腰紐が通る位置に伊達締めをして、しわやたるみを引き全体を整えてから振袖へ。ここまでがきれいにできれば後は振袖や帯を乗せていくだけ。とは言うものの、腰紐の締め具合、衿の出し加減、帯を巻く位置等注意するポイントは沢山ありますが、、、

でも今回の「晴れ着講習会」ではそんな細かい指導ではなく、振袖用帯結びの披露と練習会でした。(細かい指導は別で練習会があるのです)
そしてこの日私は、先生の帯結び披露用に振袖モデルをしました。
外に着て出るワケじゃないからこの歳で振袖を着たっていいのさ~!
というか受講生の中では私は若い方で、自分の振袖を持っているちょうどいい人が少ないので私がやることに。幾つになっても振袖を着られることは嬉しいもので、特に私は今でも自分の振袖がめちゃめちゃ気にいっているので、モデル依頼は実はすご~く嬉しいことなのでした(*^^*)

e0005204_23331752.jpgということで振袖写真です!(Masakoさん写真ありがとう!)
どうだい渋い上に派手だろう(笑)
振袖は黒+水色だけど、袖の振りからチラッと見える長襦袢は朱色+からし色なところがポイント。19歳でこれを選んだ私はエライ!と自画自賛。
e0005204_23422427.jpg帯は結ぶとシワになるので発表された先生の帯ですが、これまた激渋でカッコイイ組み合わせになったなぁと感激。
この帯結びは先生のオリジナルで、なかなか斬新で素敵だったようですが、私の背中で起こっていることなのでどうなっているか見られず残念。
その後振袖から普段の着物に着替えて、先生方が発表された帯結びの練習をしました。
来年の成人式に向けて帯結びをいくつかマスターしなければ!!

授業後そのままスーパーへ。
そこで立派な『筋子』を発見!お友達のエンジンのブログに触発され、“自家製イクラ”を作ってみたいと思っていたので、この筋子を購入。400gくらいで1300円くらいだったかな。
でも今夜は忘年会の予定で、飲んで帰ってから作るのは絶対ムリ!ということで、出かけるまでの2時間の間で手分けして作ることにしました。
作り方は購入した魚屋さんのおにーちゃんに聞いてきました。

1.塩湯(お風呂くらいの温度)を作ってその中で筋子をほぐす
2.漬け汁を作る(だし汁(市販のもの)とお酒を1:1の割合で、分量はほぐした筋子がひたひたに浸かるくらい。これを1度沸騰させ冷ます)
3.ほぐした筋子を漬け汁に入れて、30分くらいで漬け汁から出してできあがり

意外と簡単そう。
私は塩湯と漬け汁の準備をし、後はお任せして部屋のかたづけをし、忘年会に行く準備。
この日は、たまに行く鉄板焼き屋さんが主催の忘年会だったんだけど、会場はなぜか寿司屋の座敷(笑)寿司屋の座敷ならやっぱ着物でしょう!ということで忘年会用の装いにお着替え。
私が準備をしている間、筋子をほぐすのにちょっと手間取ったみたいだけど、こんな感じでイクラが完成~(^^)v
e0005204_23425351.jpge0005204_23432399.jpg

注:この毛深い腕は私ではありません

そして忘年会に突入。
寿司屋での宴会って、高そう~なイメージだけど値段の割りに内容が充実していて、適当な居酒屋でやるよりいいかも!
私がもし宴会を企画する時があったら、こういうとこでもいいなと思ったよ。

ああ、でも、素で振袖を着られていた頃は、こんな発想には一切ならなかったな~・・・(‐‐;
e0005204_1617637.jpg

by minko1234 | 2005-12-04 22:46 | 授業
<< クリスマスティーパーティ 顔筋ストレッチ >>



着物でおでかけした日や授業だった日に書くブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール と リンク
※2016年度全日本着付け技能検定 1級・2級 取得

★出張着付けいたします(+ヘアセットも可)
着物の着付けに関するお問い合わせは→着付け依頼
★予約状況をチェック →着付け予約状況カレンダー

土日祝のみですが、一宮市の自宅で着付け教室を開催してます。
尾張一宮駅・名鉄一宮駅より徒歩10分くらい。駐車スペースもあります。
※最近忙しくなり、定期的なお稽古ができないので、初心者さんの教室はお休みしています。

◆知りたいことだけ・覚えたいことだけのピンポイント教室
○1回 3000円(2時間)

まず最初に、何を目標にしたいかをお伺いしますので、その目標に向かった内容で教室を進めていきます。興味のある方は↓
『みんこ先生の着物着付け教室』

住所・電話番号は公表していませんので、まずは各お申込みフォームか、miff32@hotmail.com へ連絡ください。




高校が一宮高校被服科でした。3年生で和裁班を選択。和裁と和裁の合間に普通授業がありました(--;

25歳より京都に本部のある「新装きもの学院」で着付けを習い始め、27歳で師範の免許をいただきました。
新装きもの学院(京都)

着付けを通じて、たくさんのいい出会いがありました。
仕事として厳しい指導をしてくださる方、着付け練習会で切磋琢磨できる仲間。
同じ位置でとどまらず、日々向上していかなければとがんばっています。
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧