みんこ先生の着物にまつわる うぇぶろぐ

愛知県一宮市で着物着付け&着付け教室

◎愛知県 一宮市在住 着物・浴衣着付けいたします!
 (同時にヘアセットも受付中)

◎8月14日-濃尾大花火、浴衣着付け受付中!! ⇒ 着付け依頼

◎インスタグラム『minko138』『みんこ』で着付け写真更新してます!

◎2019年の一宮市成人式着付けは満席になりました。
 前撮り、後撮りは受付しています!

◎2019年の名古屋市成人式、受付中。



※2016年度全日本着付け技能検定 1級、2級に合格しました!⇒ 詳しくはこちら

  ・成人式のお振袖
  ・結婚式の留袖、訪問着、振袖
  ・卒業式、入学式の訪問着、付け下げ、色無地
  ・卒業式の袴
  ・七五三のお子さんとお母さんの着物
  ・夏の浴衣


などなど、お申し込みフォームから連絡をくだされば、ご希望に合わせて出張着付けをいたします。
初めてのご依頼の時は、お互いに不安のないよう、事前に打合せに伺うようにしております。(打合せ代はいただきません)

★お申込みフォームはコチラ ⇒ 着付け依頼
(住所・電話番号は公表していませんので、まずはこちらから連絡ください)

★予約状況をチェック ⇒ 着付け予約状況カレンダー


着付け代は・・・
 ・振袖 ⇒ 5500円
  (成人式⇒7000円)
 ・留袖 ⇒ 4500円
 ・訪問着等 ⇒ 4000円
 ・袴 ⇒ 4000円
 ・浴衣 ⇒ 2000円
 ・浴衣+ヘアセット ⇒ 5000円
 ・ヘアセット ⇒ 大人4000円 小人2000円
 (ヘアセットは別の方が担当します)
 

一宮市内ならば、交通費はいただいておりません。
一宮市外の方は、着付け代+実費程度の交通費 を提示させていただいています。
その他ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください^^
miff32@hotmail.com
 


◎『みんこ先生の着物着付け教室』

※最近忙しくなり、定期的なお稽古ができないので、初心者の方の着付け教室はお休みしています。

JR尾張一宮駅・名鉄一宮駅より徒歩10分くらいの自宅にて、着付け教室を開催しています。
週末土日祝だけの教室になりますが、「以前に習ったことがあるけど忘れてしまった」という方、「ある程度は着られるので、ポイントだけ知りたい!」という方、双方のスケジュールを調整して、ご希望に合わせた着付け教室を行います。

  ・ 1回 3000円(2時間)
  
興味のある方はコチラ ⇒ 『みんこ先生の着物着付け教室』
(住所・電話番号は公表していませんので、まずはこちらから連絡ください)



お問い合わせいただいた方へは、2、3日中に必ずお返事いたしております。
もし連絡がない時は、miff32@hotmail.com へ「着付けの問い合わせしましたが返事がきません」とメールをください。

[PR]
# by minko1234 | 2019-12-31 23:59 | お知らせ!

2018年成人式

2018年あけましておめでとうございます。
と言っていたら、もうすぐ週末には成人式!
成人式も出張着付けです。
1件1件のお宅を廻り、4名のお嬢さんのお仕度をさせていただきました。

e0005204_13181303.jpg

 早朝からの着付けでしたが、岐阜県白川の式典にご出席だそうで、早い時間に家を出られるとのことでした。

 ヘアセットもご所望いただきました。
 事前にご希望のスタイルの写真を送っていただいたのでイメージに近い感じに仕上がったと思います。



e0005204_13181321.jpg

 前撮りの時にはロングヘアーでしたが、髪をバッサリ切られ、ブーツを履きたいとお聞きしていたので、潔くカッコイイ雰囲気に!!

お母様のお友達のお振袖で、昨年の成人式にもこのお振袖での着付けをさせていただいていますが、たぶん全然違う感じに見えると思います(^m^



e0005204_13181429.jpg

 事前連絡で「古い振袖なので大丈夫なのか・・・」とご心配されていましたが、まったく問題なく素敵に着られていますよね^^



e0005204_13181415.jpg

 成人式前日の前撮りと当日、2日続けてヘアメイクと合わせてお仕度させていただきました。

 せっかくなので、ヘアも着付けも変えてます(^m^

 こちらは前撮り


e0005204_14165563.jpg

 成人式当日

 事前打ち合わせで、ギャルっぽいモリモリヘアでなく、日本髪風のアップがいいのではと決まり、当日は前髪も上げて、さらにイメージチェンジ!
帯結びもヘアスタイルに合わせて、古典的な文庫系にしました。
 お母様の個性的なお振袖で、きっと式典会場でも目立ったのではないでしょうか^^


2019年の一宮市成人式のお申込みをちょこちょこいただいていますが、大変申し訳ないのですが、来年度分はすでにいっぱいになってしまいました。
式典の時間に間に合わなくてもいい方、一宮市近郊、名古屋市等で翌日成人式の方は受付可能です。





[PR]
# by minko1234 | 2018-01-07 17:07 | 振袖

記念写真のお母様


e0005204_15220766.jpg

 記念日には必ず家族で記念写真を撮られるそうで、以前にもお嬢様の成人式の時に、お母様の着付け依頼をいただきました。

 今年は息子さんが成人式。
 男の子はスーツだから着物は着ないつもりでいたそうですが、お祖母様のご希望で着ることになったとのこと。
 また素敵な家族写真が1枚増えたことでしょう。

 4名様の振袖着付けの後に急いで伺いました^^

[PR]
# by minko1234 | 2018-01-07 15:20 | 訪問着・付下げ

妊娠中だから着物

お友達の結婚式に出席、お子さんの七五三詣り、お子さんの卒入式等、フォーマルな場に出かけるのに、妊娠中で着るものに困った!という時に、着物を着るという選択肢もあります。洋服よりも身幅に融通がきくからです。

帯などで締めつけられるから心配・・・と思われる方もいると思いますが、そもそも昔はみんな着物を着ていたので、着られないはずがない。


おなかの大きさによっては、着物を着たら妊娠していることがわからなくなることもあります。


e0005204_15305889.jpg


妊娠7ヶ月のママ。

お嬢さんの七五三でご依頼をいただきました。


e0005204_15305733.jpg


前からと後ろからだと、妊娠中なのがわからないです。



e0005204_15305898.jpg


横から見ると妊婦さんですね^^

お振袖を訪問着に仕立て替えされたそうで、めちゃくちゃお洒落でかっこいいです!



今までに、何人もの妊婦さんのお着付けをさせていただき、その後赤ちゃんの写真を送っていただいたり、その後の行事等でリピートしていただいたりしています^^


ただ、体調があまり良くない時はお勧めしません。

着物を着ると普段着よりは背中が伸びて良い姿勢が続くので、疲れやすいかも。


体調や様子をお聞きしながらお着付けさせていただきますが、くれぐれも無理の無いようにしてくださいね。




[PR]
# by minko1234 | 2017-11-30 17:23 | 訪問着・付下げ

結婚式に出席しました

e0005204_22184528.jpg


1人で飲みに行ってた頃にお店で知り合って仲良くなった「さっちゃん」の結婚式にお招きいただきました^^

もう10年近く経つのかな。当時よく行っていたタチノミヤで、会う時はだいたい泥酔してたなぁ(笑)

店主や常連のみなさんと、何度か泊りで遊びに行ったりBBQしたり・・・年齢性別職業関係なく集まっている、楽しい飲み仲間^^



e0005204_22172198.jpg


よく行っている、日本酒バーゲンセンカン店主食彩工房ヴェントのオーナーシェフも出席されました。

最近すっかりご無沙汰になっていた某社長さんにも久々に会え、みんなでさっちゃんのお祝いです!



e0005204_22174016.jpg


遊びで着る着物は何枚か持ってるけど、訪問着はこの1枚だけ。

そして一帳羅ですら、着物のリサイクルショップで買ったものだという、、、(^^;

でも、しつけ糸がついたままの、未着用品でしたよ^^



e0005204_22182655.jpg


帯は結婚式にピッタリ「おしどり夫婦」の、おしどり柄の袋帯です。



e0005204_22241930.jpg


いつも着物を着る時は、髪は適当に自分でなんとかまとめているのですがこの日は特別なので、お客様からヘアセットのご依頼があった時にお願いしている、「山さん」にヘアセットをお願いしました。

いろいろ注文をつけて、1度やってみたかった、攻めたリーゼント風に(笑)

カッコよくきっちり綺麗にまとまってます!さすが~



e0005204_22173708.jpg


普段着の着物はたびたび着るので慣れてるけど、訪問着に二重太鼓の盛装をする機会はあまりないので、たまに着るとなかなか大変(汗)

手順は同じなんだけど、着物も帯も重みがあるので下がりやすいです。

特におしどり柄の袋帯は20年くらい前に柄が気にいって選んだもので、その当時はあまり詳しくなかったので、分厚くて重い帯は自装の時に大変なんて思いもしませんでした(^^;



e0005204_22174462.jpg


まぁ、もちろん挙式~披露宴、二次会までしっかり食べて飲んで楽しみましたけどね(^^)v



e0005204_22172959.jpg


かわいいさっちゃんのハートを見事射止めた旦那様とは、結婚式までに何度かご一緒したんですが、本当に優しくて人柄が良くて、さっちゃんのことが大好きで^^いい人と出会えて本当に良かったねぇと、心から祝福しています。


素敵な結婚式に招待していただき、私も幸せな気持ちになりました^^

























[PR]
# by minko1234 | 2017-10-08 17:31 | 着物でおでかけ

一宮三八屋×Rie bar×すし楽山

浴衣着付けのご依頼も一段落した8月最後の日曜日、定休日のcom-cafe三八屋で、ワインとお寿司のマリアージュを楽しむという、とても興味深い企画がありました。
e0005204_20074785.jpg


e0005204_20074615.jpgまず一種目のワインは泡の白。
小鉢の蛸の洗いで乾杯。

梅肉とオリーブオイルで和えた、ぶりぶりのタコとオクラとミョウガが、さっぱりした泡の白ワインにピッタリ合ってます!


e0005204_20074821.jpg
e0005204_20074780.jpg

本日のお寿司



本日のワインは全部で4種。

このワインの時にこのお寿司を食べるといいよという、イラスト付き。
e0005204_20074809.jpg

2種目のワインは白で、いかとパプリカがおススメされてます。

え?パプリカ?

左から2番目の一見マグロっぽい赤いのがパプリカです^^


e0005204_20074826.jpg

3種目の赤ワインで、マグロ、穴子、海老、ウニ
この時の赤ワイン、ワインだけ飲むと、ちょっと個性的で、う~む・・・という味わいなんだけど、お寿司と合わせるととっても美味しくて、最初の印象と全然変わる美味しいおもしろいワインでした。

最後の赤は、いかにも赤ワインですねーという印象のワインで、柚子胡椒でアクセントをつけたマダカと、最後のトロにピッタリ!


e0005204_20074768.jpg

ワインソムリエの河出里恵さん。

今回お寿司に合わせるワイン選び、理屈では合いそうなワインでも、いざ合わせてみると、こっちの方が、、、と、かなり吟味されたそうで、どの寿司ねたも、どのワインも間違いなく美味しくいただけました。

日曜の三八屋で、たま~に「Rie Bar」やってます。
ワインのことを聞くとだいたい答えてくれますよ!

e0005204_20074845.jpg

一宮市佐千原にお店がある「すし・割烹 楽山」の若大将 佐藤さん。
今回の、お寿司にワインを合わせるという異色なコラボレーションの趣旨などを語ってくださいました。

今回のすしねたのウニに海苔が巻いてないのは、海苔とワインはとっても相性が悪いからだそうです。

寿司・割烹 楽山ホームページ⇒ http://www.osusiya.jp/rakuzan/


e0005204_20074747.jpg

暑いし、ゆる~い楽な服で行っても全然いいんだけど、ちょっと面倒でも、ランチにしてはお高めなこういう特別なイベントの時に着物で行くと、自分の中での特別度が上がるってもんですよ(^^)v

[PR]
# by minko1234 | 2017-08-27 22:15 | 着物でおでかけ

2017年夏!浴衣着付けいたします

正直、Tシャツ短パンと比べたら、そりゃ浴衣は暑いですよ。
でも、スッキリ涼し気な浴衣姿は美人度3割増し!

今年の夏も何名かのご利用をいただきました。
特に、リピーターさんは早くからご予約くださって、嬉しい限りです^^v

 e0005204_00334997.jpg
 毎年、花火大会の日にご用命いただいている、色白美人さん^^
 お姉さんが作ってくださった帯飾りをポイントにしました。


e0005204_00334872.jpg

後ろ姿も美しく


e0005204_00334974.jpg

ヘアセットも合わせてご用命いただきました。

ヘアは専門の方が担当します。
イメージ写真等でお好きなスタイルを伝えていただけると、ご希望に沿ったヘアスタイルになりますよ!


e0005204_00404735.jpg

初めてのご用命でしたが、おそらく洋服の時とは違う雰囲気の、色っぽい美人さんです^^


e0005204_00334924.jpg

大学の卒業式の時に、袴着付けのご依頼をくださいました。
覚えていて、またご用命いただけて本当にうれしいです!

接客のお仕事をされているそうで、すっかり大人の美人さん^^


e0005204_00334903.jpg

シートにもたれても、クチャっと残念なことにならない帯結びです。












8月もまだまだご予約可能です。
浴衣美人のお手伝いいたします!

一宮市内 出張浴衣着付け 2000円
★お申込みフォームはコチラ ⇒ 着付け依頼



**************************************



[PR]
# by minko1234 | 2017-08-03 01:17 | お知らせ!

有松で雪花絞り体験(前編)

有松で、雪花絞りの浴衣地が染められる体験ツアーに参加してきました。

Re-TAiL(リテイル)稀温さんがこの企画をfacebookで紹介しているのを見て、こんな素敵な企画はすぐに満席になるだろうからすぐに申込みしな!と思って急いで手続きしました。

が、当日集合場所に集まったのは私含めて3人(笑)
でも集まった私たちは、少ない方がありがたいよね!と皆同じ意見^^
e0005204_20065374.jpg

午前は、久野染工場久野浩彬さん さんのガイドで、有松の旧街道を歩いたり、絞り会館で絞りの道具の説明や歴史についてのお話を聞きました。

春の絞り祭りの時に、何度も有松へ訪れていましたが、じっくり展示物を見たり読んだりしたことがなかったので、とても興味深く面白かったです。

e0005204_20065373.jpg写真は全部、絞りの技術に使われる道具で、かつて絞りの浴衣はどんどん売れたので、どんどん新しい柄を開発する必要があり、いろんな絞りの道具が使われたそう。床に置いてあるただの柱に見える丸太も絞りの道具と聞いてビックリ!

e0005204_20065357.jpg

浴衣が最も流行った(売れた)のは大正時代だったそうで、絞りの浴衣も、普通の染めの浴衣も、当時の貨幣価値で一反3万円くらいだったそう。

えっ!それ高くない??
と私は思ったんだけど、意外とそうでもないらしい(^^;

ちなみに雪花絞りは化学染料が使われるようになったから出来るようになった技法で、昭和からのものだそうです。

e0005204_20065234.jpg

知多半島の地図を見ながら、この日に染める知多木綿についての説明です。

知多木綿はアメリカで栽培された綿花を、知多で木綿糸にして織ったもので、その反物を自転車に積んで有松まで運んでいたそうです。
e0005204_20065365.jpg

有松絞りの実演をされている職人さんに「何歳からこの仕事をされているのですか?」と質問をしたら、左の方は、好きになった人の家の稼業が有松絞りのお家だったので、腹を括って嫁いだとのこと。結婚するまでは普通のOLさんだったそう。

右の方は、小学校2年生から。隣の家が有松絞りをしていて、遊びに行って教えてもらい、みんなで競争して必死にやったとお話ししてくださいました。
てっきり「生家がそうだったから」と思い込んでいましたが、そうではなかったみたい。人生いろいろ(笑)


e0005204_21075799.jpg

昼くらいに国道1号沿いの久野染工場に到着し、地元カフェのお弁当をいただき、午後からはいよいよ絞り体験!


後編へつづく













[PR]
# by minko1234 | 2017-04-16 15:56 | 作成

有松で雪花絞り体験(後編)

いよいよ雪花絞り体験!

e0005204_21072940.jpg

まずはどの色・柄にするか、サンプルを見て決めるところから。もう、見てるだけでワクワク!楽しすぎる~!!

どの色にするか、単色染めか2色染めか、大きい柄にするか小さい柄にするか、サンプルを体にあてて鏡を見て選びます。

私は参加前から、今回は紺×白にしようと決めて来たんだけど、体にあててみてみると、こっちの方が似合うかも~?と腹を決めるまでめちゃくちゃ迷いました(笑)

e0005204_19295546.jpg

色と柄(大きさ)を決めたら、ハンカチサイズで予行演習をさせてもらえます。
なるほど、こうやって作るんだーと行程がわかるので、本番に臨みやすいです。
e0005204_21075887.jpg

ハンカチサイズなら、折るのも簡単、染めは3秒。

e0005204_21075784.jpg

本番です!
13mの知多木綿の反物をひたすら折り続ける苦行の説明(笑)

すでに「六つ折り」幅に折られた反物を用意してくださっていて、これを正三角形に折っていきます。
私達3人は皆同じ「六つ折り」という小さい柄の方を選んだので、大きい柄の「四つ折り」より大変(^^;

e0005204_21075760.jpg

上手に折るコツは、角をピッと指先で弾くことと、力づくで押さえないこと。力をいれない方が上手に折れます。

途中でお茶を飲んで休憩しながら折りたたみ、だいたい1時間半くらいで折り上がりました!今までの平均時間は2時間から2時間半くらいだったそうなので、私達はかなり早く出来たみたい(^^)v


e0005204_19283755.jpg

初心者の素人がやることなので、丁寧に折ったつもりでも、そりゃ歪んでますよ(笑)それを職人さんがまっすぐに整えて形成してくださいます。

e0005204_19283630.jpg

きれいに形成されたら板に挟めるように圧縮してもらい、専用の紐でしっかりほどけないように括ります。

e0005204_19281736.jpg

さらに輪ゴムを均等にかけます。これをボンレスハムと呼んでいるらしい(笑)

e0005204_21072650.jpg

できたものを持って工場に移動。いよいよ染めです。また偶然にも私達3人は同じ青色を選び、染めの深さもちょい深め、青が多めになるのを希望しました。

染料や劇薬を調合。
湿度が低い方がよりくっきりした柄が出るそうで、湿度の高い日などは薬品を入れて調整するそうです。
久野さん的には色を作ったり、深さを変えたりしなくていいので、今回はかなり楽だったらしい(笑)

e0005204_21072717.jpg

今からこれを染めま~す

e0005204_21072764.jpg

練習の時は3秒だったけど、本番は5分間染料に浸けます。動くと柄がぼやけたりするので、微動だにしてないつもりが、板が斜めになってると指摘された(--;
5分間動かず一定の力で押さえてるのは、意外と大変!

e0005204_21072732.jpg

5分経ちました。染め上がりすぐはこんな色。
赤?オレンジ?

e0005204_21072797.jpg

水をかけて、桶の中でほどいて水にさらすとみるみる色が変わります。黄色が

e0005204_21072867.jpg

だんだん緑になり

e0005204_21072834.jpg

紺になりました。

e0005204_21072885.jpg

機械で洗って、脱水して

e0005204_21072915.jpg

完成~!!

同じ六つ折り青色ちょい深め を選んで作ったはずなのに、柄が全然違うのが面白い!

この染めあがった生地を、浴衣の反物になるように作業していただき、浴衣に仕立てられ、約1ヶ月後にうちに届きます(^^)v

自分で染めた浴衣、どんなふうに着られるのか、とっても楽しみです!

私が今回参加した企画はこちら
大ナゴヤツアーズ

楽しい時間を過ごさせてくださった久野染工さんのHP
絞染色久野染工場

年に数回、こういった体験をしているそうなので、興味のある方は直接問い合わせしてみてください。




[PR]
# by minko1234 | 2017-04-16 13:00 | 作成

着付け技能検定に合格しました

2017年1月、着付け技能検定1級・2級に合格しました!
着付け技能検定とは ⇒ 全日本着付け技能センターHP

e0005204_20322828.jpg
e0005204_20323262.jpg


ただ、誤解のないように書いておきますが、着物の着付けの仕事をするにあたって、この試験を受けていなくても何ら問題はありません。
受けていなくても、本当に美しい上手な着付けをされる方が私の周りには沢山みえます。
試験には合格しましたが、まだまだ勉強が必要です!


[PR]
# by minko1234 | 2017-01-30 16:39 | お知らせ!



着物でおでかけした日や授業だった日に書くブログ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール と リンク
※2016年度全日本着付け技能検定 1級・2級 取得

★出張着付けいたします(+ヘアセットも可)
着物の着付けに関するお問い合わせは→着付け依頼
★予約状況をチェック →着付け予約状況カレンダー

土日祝のみですが、一宮市の自宅で着付け教室を開催してます。
尾張一宮駅・名鉄一宮駅より徒歩10分くらい。駐車スペースもあります。
※最近忙しくなり、定期的なお稽古ができないので、初心者さんの教室はお休みしています。

◆知りたいことだけ・覚えたいことだけのピンポイント教室
○1回 3000円(2時間)

まず最初に、何を目標にしたいかをお伺いしますので、その目標に向かった内容で教室を進めていきます。興味のある方は↓
『みんこ先生の着物着付け教室』

住所・電話番号は公表していませんので、まずは各お申込みフォームか、miff32@hotmail.com へ連絡ください。




高校が一宮高校被服科でした。3年生で和裁班を選択。和裁と和裁の合間に普通授業がありました(--;

25歳より京都に本部のある「新装きもの学院」で着付けを習い始め、27歳で師範の免許をいただきました。
新装きもの学院(京都)

着付けを通じて、たくさんのいい出会いがありました。
仕事として厳しい指導をしてくださる方、着付け練習会で切磋琢磨できる仲間。
同じ位置でとどまらず、日々向上していかなければとがんばっています。
カテゴリ
以前の記事
検索
ブログジャンル
画像一覧