みんこ先生の着物にまつわる うぇぶろぐ

<   2010年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

名古屋友禅染め体験

mixiのコミュニティ関連から、『名古屋友禅染め』体験をしてきました。

e0005204_12441078.jpgまずはわかりやすい単純な型で説明。
この型紙を布の上に置き、糸目糊を引き、型紙をどけると、、、


e0005204_12443766.jpgこんなふうになります。



e0005204_1249316.jpgここからが私の作品。
いろんな柄がありましたが、私が選んだ柄の型紙に、糸目糊を置いてもらっています。

簡単そうに見えて、実はこの工程はかなり技術を要するみたい。まともにできるようになるまでに数年かかるとか、、、
なので、私にはやらせてもらえませんでした(^^;

e0005204_12492896.jpg型紙をどけると、白い正絹の生地に紺色の柄がくっきり。
糸目糊は、全部染め終わったら洗い落としてます。
そうすると、紺色になってるところが白く染め残るんですよ!
糸目糊は、お米の粉を加工してでできているので、熱と水で洗い落とせるのです。


e0005204_1301061.jpgこれから全部で7枚の型紙を使用して、この生地を染めていきます。

色は、色見本を見て、どの型紙はどの色にするか決めます。
椿の柄なので、花びら部分は赤系、葉は緑になりがちですが、プロのアドバイスにより、全体的に青系でまとめる配色に。
どんな感じになるか楽しみ~(^m^

e0005204_1314029.jpg1枚目
うっすらと色が入ってるんだけど、わかるかな?


e0005204_1382627.jpg型紙をどけるとこうなってました。
1色しか使ってないのに、違う色で染めたかのようにムラがありますね(^^;


e0005204_13134882.jpgこんな感じでスリスリ染めます。

e0005204_13141848.jpg2色目が入りました。


e0005204_13154392.jpg細かい柄のわりに、大きい刷毛を使うんですよ。

e0005204_13161321.jpgはい、3色目。


e0005204_13174353.jpgずっとやってると疲れるので、一緒に参加した方を見学したりして息抜き^^
この柄もステキ~!
人のものって、良く見えるんですよねー(笑)

e0005204_1318678.jpg花びら全部に色が入りましたー

e0005204_13212390.jpgお花部分が終わったので、今度は葉っぱの型紙です。


e0005204_1322257.jpgはい、葉っぱ入りましたー


e0005204_1323541.jpg実は花びらも葉っぱも、これで終わりではありません。
この後、もう1度、1枚1枚型紙を置き、少し濃い色の染料を使って、花びらや葉っぱの1つ1つに『ぼかし』を入れて濃淡をつけます。
このぼかしを入れる作業がかなり手間で大変でした(汗)


e0005204_13273555.jpgぼかしも全て入れ終わった最後に、軸部分の型紙を置き、軸を染めて、私のできる作業は終了~
茎の部分と地色染めは、技術が必要になるので、色だけ自分で指定して、後はこちらの方にお任せです。




e0005204_1331147.jpg他の方の作品。

e0005204_13312823.jpg同じ型紙を使っても、配色を変えると全く違う雰囲気のものができるので、おもしろいです。


e0005204_1331544.jpg工房の隅の方に染料と刷毛が置いてあります。

e0005204_1334546.jpgいろんなサイズの刷毛がありますね



e0005204_1334467.jpg午後からスタートして、終了したのは夕方。
みなさんが帰ってから、レアものや、昔の伊勢型紙を見せてもらったり、いろいろお話を伺うことができました。
白い部分に穴があいていて、そこに染料が入るんだよ!
こんな細かい柄の型紙を彫ることを考えると、気が遠くなるね(ーー;

e0005204_1335116.jpgこれは大正時代の古~い伊勢型紙。
紙が貴重な時代だったので、他のことに使われた何か書かいてある紙に掘ってあります。この型紙を元に丈夫な素材で型紙をおこして使うことができるのだそう。






e0005204_13435582.jpgそして約3週間後、、、
茎と地色に色が入り、最初につけた糸目糊が洗い落とされ、白く抜けた完成品が届きました~!!


e0005204_14255492.jpg苦労していれた「ぼかし」もいい感じになってます(^^)v
38センチ×140センチの自分で染めた名古屋友禅染めの布、このまま押し入れにしまっちゃもったいないよね。
バッグでも作って、有効利用しなければ。。。



今回お世話になったのは・・・
名古屋市北区にある、『赤塚染工場』さん
こちらでは、染め体験や、自分で帯や着物が染めてみたいという人も受け付けてくださるそう。
けっこう楽しかったので、いつか、自分で帯くらい染めてみたいと思ったよ(-_^)
[PR]
by minko1234 | 2010-07-20 12:39 | 作成



着物でおでかけした日や授業だった日に書くブログ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール と リンク
※2016年度全日本着付け技能検定 1級・2級 取得

★出張着付けいたします(+ヘアセットも可)
着物の着付けに関するお問い合わせは→着付け依頼
★予約状況をチェック →着付け予約状況カレンダー

★2012年5月に愛知県一宮市へ戻ってまいりました!

土日祝のみですが、一宮市の自宅でお気軽着付け教室を開催してます。
尾張一宮駅・名鉄一宮駅より徒歩10分くらい。駐車スペースもあります。

◆キモノ初心者さん向けの教室
◆知りたいことだけ・覚えたいことだけのピンポイント教室
○1回 2000円 (2時間)
○4回 8000円 
○10回 20,000円(ベーシックコース)

まず最初に、何を目標にしたいかをお伺いしますので、その目標に向かった内容で教室を進めていきます。興味のある方は↓
『みんこ先生の着物着付け教室』

住所・電話番号は公表していませんので、まずは各お申込みフォームか、miff32@hotmail.com へ連絡ください。




高校が一宮高校被服科でした。3年生で和裁班を選択。和裁と和裁の合間に普通授業がありました(--;

25歳より京都に本部のある「新装きもの学院」で着付けを習い始め、27歳で師範の免許をいただきました。
新装きもの学院(京都)

着付けを通じて、たくさんのいい出会いがありました。
仕事として厳しい指導をしてくださる方、着付け練習会で切磋琢磨できる仲間。
同じ位置でとどまらず、日々向上していかなければとがんばっています。

最新のコメント
4:6ですね!わかりまし..
by minko1234 at 12:40
4:6の割合にすると、末..
by koukei0404 at 20:55
koukei404さん ..
by minko1234 at 18:46
そうですね・・・私も生徒..
by koukei0404 at 17:17
koukeiさん いや..
by minko1234 at 09:22
久々にやってきました・・..
by koukei0404 at 20:46
たしかに、ご先祖の方々に..
by minko1234 at 11:00
大変お世話になりました。..
by tama at 23:25
ぶーままさん いえいえ..
by minko1234 at 13:02
上田さん コメントいた..
by minko1234 at 12:58
カテゴリ
以前の記事
検索
ブログジャンル
画像一覧