みんこ先生の着物にまつわる うぇぶろぐ

<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

浴衣で・・・ ④長良川の鵜飼

e0005204_21163163.jpg今年も長良川の鵜飼観覧を企画しました。


e0005204_2220182.jpg今年は私の着付け教室に来てくれている生徒さんやそのお友達、着物つながり、飲みつながりのみなさんに来ていただきました。

上手に着てくれてるんで嬉しいよ~(^O^)


e0005204_21182644.jpgまず乗船する前に鵜匠さんから鵜飼についての説明です。

鵜飼は鵜を使い魚を捕る漁法で、長良川ではおよそ1300年(西暦702年の史料より)ほど前から行なわれていました。
昔は、時の権力者に保護され、川のいろいろな権限を与えられ、21人の鵜匠がいたといわれています。しかし明治維新以降、特別な保護もなくなり鵜匠をやめる人が続きましたが、明治23年からは宮内庁に属し、現在に至っています。


e0005204_21214561.jpg鵜匠は世襲で受け継がれ、岐阜市には6人います。正式な職名は宮内庁式部職鵜匠といい、長良川の鵜飼用具一式122点は国の重要有形民俗文化財、長良川鵜飼漁は岐阜県重要無形民俗文化財に指定されています。

e0005204_21302191.jpgみんなが鵜匠さんの話を聞いている間に鵜舟の準備がされています。

鵜舟は前長約13メートル。
鵜飼は、鵜匠・とも乗り・なか乗りの3人のチームプレイ。
鵜とこの3人が1組となって鮎を捕りながら川を下っていきます。



e0005204_21385592.jpg鵜匠さんのお話が終わったら乗船でーす。


e0005204_21395379.jpg出航

真夏の暑さもひと段落し、吹く風がちょっとひんやりして心地いい~


e0005204_2146814.jpg船頭さんががんばってくれている最中、私たちは乾杯してお食事タイム(^^)
夕日もいい感じ~


e0005204_21522830.jpg食事も終わり、鵜飼が始まる7時45分まではフリータイム。
舟から降りて花火をしたり、船内で宴会したり(^^)v

e0005204_21543531.jpg上の写真の奥の方を拡大(笑)


e0005204_21552117.jpg始まりの合図の花火が上がったら鵜飼スタート


e0005204_21592443.jpg小学5年生のミニ鵜匠さん^^
一昨年から彼は活躍してました!
大きくなったね~


e0005204_224123.jpg総がらみ
総がらみは6隻の鵜舟が横隊になり、浅瀬に鮎を追い込み、巻き狩りする漁法のこと。「ホウホウ」とかけ声をかける鵜匠と鵜、そして鵜舟が一体となって、鮎を追っていきます。

e0005204_2273725.jpg私たちの観覧舟の隣に鵜舟が来て、かたずけをしてをしていました。
鵜飼観覧は今年で4回目ですが、鵜舟の火の粉が飛んでくるほど近くで見れたり、隣でかたずけをしているところが見られたりしたのは今年が初めてでした!
鵜が捕った鮎も見せてくれたのですが、量も今年が1番多かったんじゃないかな。


e0005204_22115730.jpg今年も楽しい鵜飼観覧会ができました。
参加してくださったみなさま、ありがとうございました~(^人^)
[PR]
by minko1234 | 2008-08-24 21:12 | 着物でおでかけ

浴衣で・・・ ③ビアガーデン

8月16日
テニスサークルの今年の夏の飲み会はビアガーデン!068.gif

ちょうどお盆の時期だし、ビアガーデンで私達のグループだけ大人数で浴衣姿だったらおもしろそうだなぁと思って、浴衣や甚平での参加を提案してみました(^0^)

名駅前の大名古屋ビルヂングの屋上にある『マイアミ』が会場なので、浴衣の着付け場所として、高島屋5階フロアーのお手洗いの1部に設けてある、フィッティングルームを利用しました。
1畳くらいのスペースで狭いには違いないけれど、お手洗いとは別になっているし、いろいろ気を遣わずに着付けができたので、ここを利用できてよかったです。

今回もそれぞれ違う帯結びにしてみたけど、写真じゃよくわからないね(^^;
e0005204_19394784.jpge0005204_1940915.jpg



e0005204_19404043.jpgほら、みんなすごく楽しそう!(笑)



e0005204_19412415.jpgこれ以降は載せられない状態になってくるので、現場写真はこのへんで、、、σ(^_^;)



さてさて、浴衣ではしゃいだ後のお手入れ法というか、かたづけ方。
①クリーニングに出す。楽だし、浴衣ならだいたい千円くらいじゃないかな?
②家で洗濯する。いろいろ考えると面倒だけど、お金はかからない。

私もたいがいメンドクサガリなので、クリーニング屋さんの安い日を狙って出してしまうことが多いんだけど、今年は持っている浴衣を全部1回ずつ着たので、さすがにクリーニング代がもったいなくて、全部家で洗いました。
浴衣の洗濯は生地によって、洗って干すだけでOKなものと、アイロンまでしっかりかけないといけないものの両方。

最近は浴衣といえども綿でなく、セオα(アルファ)という発散性、通気性と吸汗性に優れた爽やかな肌触りのポリエステル生地のものも多く出ていて、これは家の洗濯機で洗ってもすぐ乾くし、アイロンもほとんど必要ない感じ。

最も楽だったのは綿なんだけど、楊柳(ようりゅう)になったもの。
楊柳とは↓
http://www.artemondo.co.jp/mame/knowledge/youryu.htm
今回着ていた黄緑色の浴衣と、落語の時に着ていた白い朝顔のものが楊柳なんだけど、本当に洗って干すだけ!今までクリーニングに出していたのがアホみたいに思えました。

私は持っていないけれど、絞りの浴衣もノーアイロンでよく、家で洗った方がいいみたい。
クリーニング屋に出したら、絞りのしぼが伸びて戻ってきて台無しになってしまったというヒドイ話も(――;

一番手間がかかるのが、昔ながらの浴衣生地(コーマ地)のもの。
手間がかかると言っても、しつけも何もせず洗濯機で回しちゃうので、大したことはしないんだけど、洗濯の最後に洗濯のりを入れて回して、あまりしっかり脱水をかけずに干して、アイロンをかける時には“きせ”をかけながらアイロンをかける。
キセをかけるとは→縫い目が隠れる程度の所で折をつけること

ちなみに私が家で洗う時は、おしゃれ着モードでやさしく洗ってます。(洗濯機が)
このへんは洗濯機によっていろいろ機能が違うので、やさしく洗ってくれそうなモードを選択すればいいかなと(^^)
ただ、綿や麻のものは縮む可能性が高いです。(実は男物の浴衣をチンチクリンにしてしまった実績が・・・汗)
仕立てて初めておろした浴衣は、信頼できるクリーニング屋さんにお願いした方が安心かもしれないですね(^^;

余談ですが、最近よく売られている980円とかの激安浴衣は、1回洗ったらとても着られる状態ではなくなってしまったという話もあります・・・

今回のビアガーデン、参加者が20名で、うち浴衣が9名、甚平が2名。
なかなかいい成績じゃないでしょうか。(何の成績?)
こんなの私達だけで、すっごい目立つかなぁ~と思ってたけど、お盆だからか他のお客さんも何人か浴衣の人がみえたので、そうでもなかったみたい(^^;

でも、何年ぶりかに浴衣が着られたので嬉しかったという声もあり、提案してよかったです(^^)v
浴衣のせいだけじゃなくて毎回かもしれないけれど、終始テンション高くて、めっちゃ盛り上がった飲み会になったしね(笑)
e0005204_19433971.jpg

[PR]
by minko1234 | 2008-08-16 16:24 | 着物でおでかけ

浴衣で・・・ ②落語寄席

e0005204_21564079.jpg第5回目を迎える、居酒屋“楽多”の落語寄席に行きました。


e0005204_2158841.jpgまずは落語は2度目の『初老家 源々』さん。
まだ緊張感が隠せません(^^;
でも、しっかりオチまでいけたところがスバラシイ!


e0005204_220393.jpg次に、楽多寄席発起人『麦芽亭 歌茂』さん。
死体に集まる江戸の人々の様子がしっかり見えたよー

背景の壁画も彼の作品で、ポートメッセ名古屋で開かれたクリエイターズマーケット開催中に描きあげたものとのこと!


e0005204_2264182.jpg落語の合間に『ケンゴ』さんのライブ。
彼の名曲「花火」では、毎回涙する人も。。。


e0005204_22123251.jpgトリは落語暦20年『徒然亭 咲蔵』さん。
高座に座った途端に引き込まれます。
実際に見たわけじゃないのに、江戸時代の長屋暮らしの様子が今だに思い出されます。


e0005204_22191315.jpgこの場にいた人なら、この写真がどの部分か分かるはず(笑)

私はこの“楽多寄席”に行くまでは、テレビで落語をやっていても、あまりちゃんと見てなかったというか、あまり興味がなかったというか(^^;
友人がよく行く居酒屋で落語をするということで、素人落語だけど初めてライブで落語を見て、「落語ってこういうものなんだー深いな~」と実感したワケです。
素人落語だったから、特に実感できたのかも(^^)

笑いのツボは人それぞれ。
同じ噺を見て聞いていても、なんかイマイチって人も絶対いると思います。最近たくさん出てきているお笑い芸人でも、おもしろい・つまらんの好みがあるからね。

主観だけど、上手い落語・おもしろい落語っていうのは、噺家さんによって、人のやりとりの情景、町の風景が目に浮かんできてずっとそのストーリーが最後まで見え続けて、最後にオチがある感じじゃないかなって思う。
まだ慣れていない噺家さんだと、まず緊張感が伝わってきちゃって、風景が見えてきにくいかな(^^;噛んだ時も「しまった!」みたいなのがバレバレなんだけど、上手な噺家さんは、噛んだ時も噛んだことをわからせない上手な誤魔化し方をするんです!

落語って、まずは数ある古典落語の中から話すお題を決めて、内容をちゃんと覚えて、自分なりのアドリブも加えておもしろく話さないといけなくて、正直、素人落語なので、まだまだだなぁ(^^;ってのも見えるから、“楽多寄席”で落語の難しさがよ~くわかるんだよね(^0^)


e0005204_22243837.jpgそして、落語寄席らしく浴衣で出向いた私たち。

浴衣を脱いだ後のお手入れについて書こうと思っていたけど、落語ばなしで力尽きたので、お手入れについては『浴衣で・・・ ③』にて(^^)v
[PR]
by minko1234 | 2008-08-12 21:47 | 着物でおでかけ

浴衣で・・・①郡上踊りへ

今年の夏は、周囲を巻き込んで浴衣を着る機会を作っています。(^^)

第1弾は、8月9日にテニスサークルのメンバーに声をかけ、岐阜の郡上踊りに行ってきました!

e0005204_22213723.jpgいつもテニスコートを使わせてもらっている某企業のクラブハウスに集合し、女子更衣室で浴衣の着付けをしました。

今日は踊りがメインなので、多少シンプルめな帯結び。
一応みんな違うふうに結んでみたけど、わかるかな?



e0005204_22251394.jpg準備もととのい、記念撮影して総勢11人で出発!



e0005204_22302459.jpgお盆の徹夜踊りの時ほどのにぎわいはないけれど、かなりの人が集まっていました。
商店街の真ん中にお囃子台があり、それを中心に三重、四重の輪ができています。



e0005204_22383416.jpg踊りも曲も知らないけれど、前で踊っている人を参考に見よう見まねで踊っているうちに、だんだん踊れるようになってくるものなのです!
でも、ようやく覚えたころに曲が終わり、また次の曲が始まり、また新しい踊りを覚えなおしー・・・これの繰り返し(^^;

かなりムキになりながら、踊りながら覚えて、覚えながら踊って、とっても楽しかったです。


e0005204_2253193.jpg



いつも着付けをしたら、いってらっしゃい~と見送った後はそれきりになるので、着崩れたり、苦しくなったりしてないか気になったりするのだけれど、着付けたみんながずっと一緒なので、どのようになるか見届けることが出来、自己判定ですが、踊っても誰一人着崩れたり、はだけたりすることなく、楽しく行って帰ってこれたので、安心しました(笑)

今年も着付け学院の手伝い仕事で、高島屋着物売り場の無料浴衣着付けをやらせてもらったのですが、この時に学院のベテラン先生のやり方に倣い、タオルでの体型補正をしっかりしたので、この日の着付けにも応用しました。

ウエスト・腰のくびれ用にタオル2枚、それと胸にタオル1枚。
ウエスト・腰のタオルは、着崩れを防ぐのと帯を安定させる役割、汗も吸ってくれるし、腰紐をしっかり締めてもタオルがあるとこによって、苦しくならないのです。
胸のタオルは、最近はだいたいみんなワイヤー入りのブラをしているので、ワイヤーで痛くならないようにと、汗を吸ってくれる役割で、タオルを家型にたたんで、ワイヤー部分に挟むのです。これは衿がはだけるのも防ぐので、かなりオススメだと思います。私も必ず入れてます。

たまにタオルの補正を「暑い」とか「以前にぐるぐる巻きにされた」とか「太って見える」とかの理由で嫌う人もみえますが、着物を着慣れていない人ほど、補正をした方が楽にスッキリ着られるんじゃないかなと思いました(^^)v
[PR]
by minko1234 | 2008-08-09 12:48 | 着物でおでかけ



着物でおでかけした日や授業だった日に書くブログ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール と リンク
※2016年度全日本着付け技能検定 1級・2級 取得

★出張着付けいたします(+ヘアセットも可)
着物の着付けに関するお問い合わせは→着付け依頼
★予約状況をチェック →着付け予約状況カレンダー

土日祝のみですが、一宮市の自宅で着付け教室を開催してます。
尾張一宮駅・名鉄一宮駅より徒歩10分くらい。駐車スペースもあります。
※最近忙しくなり、定期的なお稽古ができないので、初心者さんの教室はお休みしています。

◆知りたいことだけ・覚えたいことだけのピンポイント教室
○1回 2000円(2時間)

まず最初に、何を目標にしたいかをお伺いしますので、その目標に向かった内容で教室を進めていきます。興味のある方は↓
『みんこ先生の着物着付け教室』

住所・電話番号は公表していませんので、まずは各お申込みフォームか、miff32@hotmail.com へ連絡ください。




高校が一宮高校被服科でした。3年生で和裁班を選択。和裁と和裁の合間に普通授業がありました(--;

25歳より京都に本部のある「新装きもの学院」で着付けを習い始め、27歳で師範の免許をいただきました。
新装きもの学院(京都)

着付けを通じて、たくさんのいい出会いがありました。
仕事として厳しい指導をしてくださる方、着付け練習会で切磋琢磨できる仲間。
同じ位置でとどまらず、日々向上していかなければとがんばっています。
カテゴリ
以前の記事
検索
ブログジャンル
画像一覧