みんこ先生の着物にまつわる うぇぶろぐ

<   2008年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

新装きもの学院 新年会 -着物編-

「着物なんてタンスの肥やしだわ!」と言う母に育てられました。
確かにそうかもしれません。

最近は少なくなってきましたが、少し前までの時代は必ず、結婚する時に『嫁入り道具』として、着物一式(留袖、訪問着、付け下げ、喪服、小紋、色無地、紬等)を親が用意して娘に持たせたそうです。
でも時代と共に着物を着る習慣がなくなり、『嫁入り道具』として持たされた高価な着物たちはタンスから出されることもなく・・・そのうち、結婚前のイメージで用意された着物が、今となっては色や柄が派手すぎる気がして着られない!!なんて話、けっこう聞くんですよ(^^;


最近、着物に興味を持った若い娘さんが少し増えてきているのかもしれません。
ファッションに、積極的にキモノを取り入れる流れがあるのかも。
でも「キモノ着てみたいけど、高そうだし・・・」なんていうのもよく聞く話(^^;

そんなこんなで最近は、アンティーク、リサイクル着物ショップが人気なのかもしれません。


私が在籍している『新装きもの学院』の新年会が2月3日にありました。
今年は私の生徒さん2名も一緒に出席してくださいましたが、実は2人とも学院に係わる試験等は受けたことないので、部外者です。
学院の新年会自体は、部外者でも参加費さえ払えばOKなんだけど、なぜ参加することになったか。。。

生徒さんのKさんが、「リサイクル着物のお店で、とっても気にいって買った着物があるんだけど、あんな派手な着物、いつ着ていいかわからない!」と言ったのがキッカケ。
私はその「派手な着物」を見たことはなかったんだけど、話のイメージで、普段着でなく新年会、パーティ等で着るのがちょうどいいと思ったので、学院の新年会に誘ってみました。

生徒さんのYさんは、とってもお着物好き^^自分の好みに会った着物を何枚かお持ちのようなので、「普段あまり着ることのない、ちょっといい着物を着て新年会に参加しませんか?」と誘ってみました。
やはり、「普段着では自分的に派手な気がして躊躇して着られなかった着物がある」ということで、2人とも着たくても着辛かった着物を着る、ちょうどいい機会になったようです(^^)v

e0005204_0392665.jpg


e0005204_0394938.jpgさて、今年の私は・・・
はじめて江戸うさぎに行って見た時から気になっていた反物で、3ヵ月後についに購入し仕立ててもらった、白黒総柄の小紋の着物です。
反物で見ていた時は、めちゃめちゃ渋くてカッコイイイメージでしたが、着物になって着てみると、意外にもかわいい感じになりました。

帯は袋帯が合わせたかったので、岐阜のリサイクル着物のお店「ささ政」さんへ行き、一目惚れしてしまった帯です。(@@)
平安時代の風景が描かれた帯なのですが、この中の人たちは全部“男”!(笑)
よく見かける時代ものの帯って、お姫様とお殿様が入ってるんだけど、この帯は、、、
束帯姿でチョンチョン眉で、「麿は~でおじゃる~」とか言いそうな人たちが庭で蹴鞠するでもなく、雑談してる風景。(笑)
ひょっとしてここは昔のイケメンパラダイス?!
この絵が私のツボにハマり、他の帯が目に入らないくらい気にいってしまいました(^0^)

はっきり言って会費は高く、若い人にとってはあまり楽しそうなイメージのない「着物学院の新年会」(^^;
でも見方を変えれば、タンスを肥やしている高価な着物や、普段の街着にはちょっと派手で出番が少ない着物を着るには、ちょうどいい機会なんですよね。
お洒落することを楽しむ機会。
何でも、積極的に楽しもうと思えば楽しめるってことかな(^^)v

けっこう長くなってしまったので、新年会の内容については、また後日別記事で!
[PR]
by minko1234 | 2008-02-03 21:36 | 着物でおでかけ



着物でおでかけした日や授業だった日に書くブログ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
プロフィール と リンク
※2016年度全日本着付け技能検定 1級・2級 取得

★出張着付けいたします(+ヘアセットも可)
着物の着付けに関するお問い合わせは→着付け依頼
★予約状況をチェック →着付け予約状況カレンダー

土日祝のみですが、一宮市の自宅で着付け教室を開催してます。
尾張一宮駅・名鉄一宮駅より徒歩10分くらい。駐車スペースもあります。
※最近忙しくなり、定期的なお稽古ができないので、初心者さんの教室はお休みしています。

◆知りたいことだけ・覚えたいことだけのピンポイント教室
○1回 2000円(2時間)

まず最初に、何を目標にしたいかをお伺いしますので、その目標に向かった内容で教室を進めていきます。興味のある方は↓
『みんこ先生の着物着付け教室』

住所・電話番号は公表していませんので、まずは各お申込みフォームか、miff32@hotmail.com へ連絡ください。




高校が一宮高校被服科でした。3年生で和裁班を選択。和裁と和裁の合間に普通授業がありました(--;

25歳より京都に本部のある「新装きもの学院」で着付けを習い始め、27歳で師範の免許をいただきました。
新装きもの学院(京都)

着付けを通じて、たくさんのいい出会いがありました。
仕事として厳しい指導をしてくださる方、着付け練習会で切磋琢磨できる仲間。
同じ位置でとどまらず、日々向上していかなければとがんばっています。
カテゴリ
以前の記事
検索
ブログジャンル
画像一覧