みんこ先生の着物にまつわる うぇぶろぐ

<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

銘仙できた!

仕立てに出してあった銘仙ができてきたよ!!
胴の黒い部分が別布を接いでもらったとこ。
e0005204_1513254.jpg


そんでもって着るとこうなりまーす。
e0005204_15291.jpg

この着物に合う帯がないので、無難な無地の半幅帯をしてみました。
どんな帯が合うかなぁ?
アイデア募集!
かわいい半衿とかも見つけてトータルコーディネートしたいなw

[PR]
by minko1234 | 2006-05-29 01:56 | お買い物

ポーラ作製中!と根付け

ヤフーオークションで買ったポーラの反物を縫い始めてから約10日。ここまでできました!

e0005204_12544059.jpge0005204_12545577.jpg


あとは袖を作って、袖付けをして、衿を付けたら完成です。
自分的には秋までには完成したいなーくらいに思っていたのですが、ひょっとしたら6月に着られるかも!!
と言っても最後の衿付けが一番難関なんだよね。
着物はほとんどは直線なんだけど、衿肩あきだけは曲線に仕立てなければいけないので、つらせたり、ゆるみをいれたりでちょっと神経使います。
でもがんばるぞ!!

単衣着物の作製は結構楽しい(^^)v
高校の頃は常に追われてたので、嫌~な印象しかなかったけど、今はなんだか楽しくて、ポーラが出来たら今回の反省点をふまえて、もう1枚作ろうかなぁなどと考えています。(笑)

ところで、今縫っているこの着物は、群ようこさんの指しているサマーウールではなく、化繊ということが判明しました。
かつて繊維関係の仕事をしていた親父に残り布を燃やして確認してもらったところ、ポリエステルでもレーヨンでもなく、ナントカと言う新素材だとか、、、(名前が思いだせないらしい)
やっぱりな~
ヤフーオークションでポーラで検索した時、高いのは3~4万で出てたから、それが群さんの指すサマーウールのポーラだったんだろうね。

ちなみにポーラとは・・・
ポーラ(poral)
ポーラ糸を平織にした織目が少し透けて見える、さらりとした感触の梳毛織物。ポーラ糸とは、細い芯糸と太い強撚のしぼりのある飾り糸と、それに芯糸に絡ませる押さえ糸との3本からなっている。ポーラとは、「多孔」の意で、イギリスのエリソン社の商標名である。



話は変わって、最近根付けが欲しくてずっと探してたんだけど、なかなか気にいるのがなくて買えずにいましたが、5/21にうちの近くの真清田神社で年1回開かれるイベント“杜の宮市”でついに根付けによさげなパーツが買えました。
e0005204_1327341.jpg見てのとおり花札の坊主菖蒲でーす。(^^)
木片に絵を描いた作家さんの手作りで、他にも猪、鹿、蝶、ぼたん等いろいろあり、花札の柄にはちゃんと季節があるそうなので、全部欲しいくらいだったんだけど、わかりやすい坊主と、今使える菖蒲の2枚にとどめときました。
根付けとして使えるように加工して、早く付けてみたい~


 ~ 銘仙への道 ~ 
ゴールデンウィーク明けに、きもの処はなぶさへ仕立てに出してもらえるよう持って行きました。
昔の反物は私にはやはり丈が短いので、おはしょりで隠れる部分に10cm別布を接いで仕立ててもらうことになりました。
今月中には仕立てあがるそうです!
袷なので着て出かけられるのは10月以降になりますね~
[PR]
by minko1234 | 2006-05-23 13:27 | 作成

ポーラ

ヤフーオークションで銘仙の反物をGetした約1時間後に「ポーラ」というサマーウールの反物も落札しました。こちらは、先に入札者がいたものの、締切り前に競ることもなくすんなりGet!(^^)
「ポーラ」という生地の存在を全く知らなかったのですが、最近読んだ群ようこさんの本の中で初めて知りました。

群さんの本より
ウールは一般の呉服店ではほとんど扱われなくなった。私は普段に着るのだったら、ポリエステルではなく、木綿やウールの着物、薄物の単衣の時期だったらポーラ(撚りの強い毛糸の平織。通気性にとむ)がいいと思っているのだが、街の呉服店ではほとんど見かけない。

「ポーラって確かに今まで聞いたことなかったけど、なんかよさげ!今はあまり見かけないものなんだー」と思ってネットで探してみたらオークションに出ていたのでつい買ってしまいました(笑)単衣の着物はまだ2枚しか持っていなかったしね。

e0005204_15461212.jpgでもって、買ったのがコレ。
私らしくない、かわいい系の色合いでしょ(笑)でも見た目涼しげでちょっと気にいってます(^^)ただ私の買ったポーラは、ウール織り糸に絹糸を混ぜて平織りにしたサマーウールではなく、ウールと化繊との合繊な気がしてます。安かったし。(落札額1,600円)

単衣物なので早急に仕立てて6月には着たいところなのですが、ある目論見が・・・
昔取った杵柄(キネヅカ)で、自分で仕立ててみようかなと、、、、、、
と言っても今さら一から十まで1人では無理なので、以前和裁をやっていた方に教えてもらいながらという方向で話を進めています。
果たして本当にできるのか私!!いや、やりかければ出来ると思うけど、会社行ったりご飯作ったり社会人として役立たずにならないかが不安。。。
なのでいつ披露できるかわからんけど、乞うご期待?ということで(^^;


 ~ 銘仙への道 ~ 
オークションで買った銘仙について一宮市の呉服屋はなぶささんに相談に行ったところ、古い反物は生地が劣化している可能性が高く、しゃがんだりした時の引っ張りなどに布が耐えられる強度があるか確認してから持ってくるように言われ、ちょっと焦りました。
言われたとおり引っ張ったりして確認したところ大丈夫そうだったので、反物を持ってお店に行き、ちゃんと相談にのってもらえました。反物の長さも幅も短いので見えないところで技を駆使してもらうことになりますが、ちゃんと着られるものが出来そうです(^^)v
[PR]
by minko1234 | 2006-05-09 15:48 | お買い物

銘仙Get!!

ヤフーオークションで、銘仙の反物をGETしましたっ!!
復刻版でなく当時のもので伊勢崎銘仙らしいです。
そして柄は・・・
e0005204_11515617.jpg

いかにも銘仙!って感じでかなり激ハデ(爆)
こんなハデなのを私が着ていいものか・・・(^^;


銘仙についてちょっと調べたらとても興味が湧き、1枚くらい欲しいなーと思ってみたものの、昭和初期の女性が着ていた着物は当然私にはチンチクリン。
それなら当時の反物を見つけて私サイズに仕立てればいいんじゃないかと思いついて探してみたらわりと簡単に見つかったんです。
しかもかなり安い値段で出品されていて、締切り時間ギリギリで他の人とちょっと競ったけど、絶対落札してやる~!というつもりで挑んでいたので、最終的に3,100円で落札!!(^^)v
以外と安くない?
ちなみに復刻版銘仙は35,000円くらいで出品されてました。

反物なのでこれから仕立てないと着られないわけですが、ここで1つ心配ごとが・・・
「私サイズに仕立てればいい」とは言うものの昔の着尺なので、果たして私の身丈分の長さ分があるかどうか。
とりあえず反物の幅が35センチとのことなので、私の裄(ゆき)にするには縫い代ギリギリにしてもらわないといけない(汗)
おそらく反物の長さが足りないと思うので、おはしょりと帯で隠れる部分に別生地を継ぎ足して仕立ててもらうことになるだろうなぁ。

どんな色の八掛(はっかけ)をつけるかはセンスのいい呉服屋さんと相談。(^^)
この激ハデ銘仙に、どんな帯をや小物を合わせたらトンチンカンにならず粋に着られるか、、、
また出費がかさみそうで怖いんだけど、どんなふうに着こなせるか、かなり楽しみです!

追記
実はこの銘仙を落札した日に、「ポーラ」という今はあまり人気のないサマーウールの反物も落札しました(笑)
これについてはまた後日。。。
[PR]
by minko1234 | 2006-05-01 11:48 | お買い物



着物でおでかけした日や授業だった日に書くブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール と リンク
※2016年度全日本着付け技能検定 1級・2級 取得

★出張着付けいたします(+ヘアセットも可)
着物の着付けに関するお問い合わせは→着付け依頼
★予約状況をチェック →着付け予約状況カレンダー

土日祝のみですが、一宮市の自宅で着付け教室を開催してます。
尾張一宮駅・名鉄一宮駅より徒歩10分くらい。駐車スペースもあります。
※最近忙しくなり、定期的なお稽古ができないので、初心者さんの教室はお休みしています。

◆知りたいことだけ・覚えたいことだけのピンポイント教室
○1回 2000円(2時間)

まず最初に、何を目標にしたいかをお伺いしますので、その目標に向かった内容で教室を進めていきます。興味のある方は↓
『みんこ先生の着物着付け教室』

住所・電話番号は公表していませんので、まずは各お申込みフォームか、miff32@hotmail.com へ連絡ください。




高校が一宮高校被服科でした。3年生で和裁班を選択。和裁と和裁の合間に普通授業がありました(--;

25歳より京都に本部のある「新装きもの学院」で着付けを習い始め、27歳で師範の免許をいただきました。
新装きもの学院(京都)

着付けを通じて、たくさんのいい出会いがありました。
仕事として厳しい指導をしてくださる方、着付け練習会で切磋琢磨できる仲間。
同じ位置でとどまらず、日々向上していかなければとがんばっています。
カテゴリ
以前の記事
検索
ブログジャンル
画像一覧