みんこ先生の着物にまつわる うぇぶろぐ

<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

また買っちゃいました!【その2 そりゃ買っとかなかんわ~の巻】

岐阜産業会館で開催された骨董市に行ってきたよ!(情報提供:ぽんきちさん Thank you so much!!)
1人で出かけたのでなんとなく寂しくて、岐阜在住のタンゲさんに電話してみたところ、ちょうど出かけたところとのことだったんだけど、しばらく後にタンゲ2号、3号(娘さん2人)と来てくれて、みんなでワイワイ言いながら楽しく過ごすことができました。やっぱこういうとこは、アレコレ勝手なこと言いながら見るのが楽しいよね!

んでもって、成果品ーーー
e0005204_11056100.jpg革製ろうけつ染め帯締め ¥500
革の帯締めってなんか使い辛そうなんだけど、ちょうど欲しかった色だし、なんとなく気になったので買ってみました。
実際どうなのかな~?


e0005204_1162285.jpg500円の山の底に埋もれていたバラ柄名古屋帯 ¥500
角度によって違った色に見える紅色の帯地に、白いバラ柄がかわいくて買ってしまいました。
新品に近い感じなんだけど、なぜこれが500円かというと、化繊だから。
骨董市で化繊の帯かーと思ったけど、500円ならま、いいかということで(笑)
理路整然と並んだバラの柄付けがちょっと気になるけど、結ぶ時に普通のお太鼓じゃなくて、角出しや早乙女太鼓、アレンジ帯結びにすれば気にならないかなと思ってます。


e0005204_1263318.jpg2000円の山で目をひいた、店主曰く昔の名古屋帯 ¥1500
なんだか色がすごーく気に入って買ってしまいました。「この帯は安くできない」と言われてたんだけど、ネバってたら、閉館時間が近くなってきたことも手伝ってか、500円まけてくれました(^^)v
でも実はこの帯に合いそうな手近な着物がないのよねー
どうやって使おうかな?


e0005204_1354742.jpg私は身長がそこそこあるので、着物の古着はほとんどが丈や裄が短すぎて買えないんだけど、1枚だけ買ってしまいました!
比較的高価な値段がつけられ並んでいる着物の中で、この着物の色と光沢が気に入りました。
まず丈の確認。着物のすそを足の甲に付け、丈が自分の眉毛より上にくればなんとか着られるのですが、この着物は私の頭のてっぺんと同じくらい。丈は大丈夫そう・・・
問題の裄を測るためにメジャーを借りて背中心から袖口までを測ってみたら、なんと67センチ!古着ではまず有り得ないこのサイズ!!
問題のお値段は、、、
周りに並んでいるものが1万円以上の高値がついているので、これもきっと高いんだろうなぁと思いつつ、値札がついていなかったので、店主に聞いてみると、5000円とのこと。
よさげに見えるけどこれは割りと安いんだーと思ったものの、5000円かぁと悩む。。。

と、そこに2人連れの女性が来店。聞こえてくる会話の内容からすると、1人の女性の方はかなり着物に詳しい。陳列されている着物生地を次々と言い当て、その方は素敵な琉球つむぎの着物を購入されていました。
しばらく耳を傾けていると、店主とのやりとりで、
店主「これは大島つむぎだよ。」
女性「これは本場でなく村山ね」とか、
古着にしてはかなりいい値段がつけられている着物を手に取り、
女性「これは混ざってる(合繊)ねぇ。」
店主「ええ?!そうかなぁ?
女性「さわってみるとわかるよ。本物はこんなに硬い手触りじゃない。それに、いい物にはこんな八掛(はっかけ)は掛けないわよ。」
このあたりでそばに寄り、
私「どうしてわかるんですか~?」と割り込んでみた!
その着物をさわらせてもらったら確かにちょっとゴワゴワする。八掛も見せてもらうといかにもポリエステルぅな生地。色も表地の色が落ち着いた紺なのに、変に派手な青。
店主「競りの時に遠目だったからそこまで気付かなかったなぁ」
女性「ハズレつかまされたねぇ」
もうお見事!(@@)って感じ。

なので、ここで思いきってこの女性に、私が悩み中の着物を見てもらうと、
女性「これはいいつむぎねぇ。で、これはいくらって?」
私「5000円だそうです」
女性「5000円?!そりゃ買っとかなかんわ~!1万円でもいいくらいよ
私「ええ!そうなんですか?」
女性「これはいい八掛がつけてあるもの。これだけでも1万3000円くらいするよ。5000円なら買っときゃぁ」と強く太鼓判を押されました(笑)
それからしばらく考えたんだけど、第1インスピレーションで気入ってたし、古着にしては珍しく丈もちょうどいいし、なんといっても太鼓判をおされているので、買っちゃいました(^^)

その後その女性を探し声をかけて、御礼を言い、少しお話を伺いました。
その方は何年もの間着物を縫っていたため、着物(生地の産地や織り)に詳しいそうです。
天然素材(正絹等)はさわってみると温か味があるからすぐわかるとおっしゃっていました。そう言われて正絹の物とポリエステルの物とさわりくらべてみると、温か味が違うんですよね!
連絡先も聞いとけばよかったなー・・・

ちなみに私が買った着物は、新潟の十日町紬(十日町絣)らしいです。
この着物を持って他のお店を見ていたら、そこの店主が「それは十日町紬(とおかまちつむぎ)だね。間違いない!」と教えてくれました。
骨董市では、古着なのに1万2万の高い着物が多いです。「こんなにシミがついて汚くなってるのになんでこんなにするのぉ?」と思うのですが、産地の風土を生かし、職人さんが丹精こめて織ったり染めたりした生地は、何年経ってもいいものなわけで、機械化、簡易化されたものが多い現在の中ではさらに希少価値が高くなりますよね。
骨董市はそういった価値あるものが沢山見られ、質問すれば教えてくれる人もいっぱいいて(誤報もあるけどね)、これまた勉強になるなと思いました。
いいもの、そうでないものが見分けられるよう、見る目を養いたいものです。
[PR]
by minko1234 | 2006-03-26 00:51 | お買い物

また買っちゃいました!【その1 カッパッパ~ルンパッパ~の巻】

2月某日、学院の先生から「3月25日に予定があいていたら手伝いに来てもらえないか」と電話がありました。
私は、先生にくっついて着付けの仕事ができる!と思い、「行きます!」と即答。
その後詳しく話しを聞いてみたところ、着付けの手伝いではなく、着物の展示会でお茶を出す手伝いだとわかり、ちょっとガッカリ・・・でも展示会のいい着物や帯が見られるのでそれはそれで勉強になるからま、いいかと自分で納得。
会場は名古屋市昭和区にある昭和美術館。ここは、お茶に関する美術館でお茶室も何部屋かあり、私がお手伝いに行く日は、大きなお茶会が催されるとのこと。
え?!お茶の先生に私がお茶出すんですか~?(@@)

e0005204_19212.jpg当日、学院の先生と2人で昭和美術館へ。

e0005204_112221.jpge0005204_1122711.jpg敷地内のお庭はジャングルですか?と聞きたくなるほど緑いっぱいで、その中を通るお茶室に向かう通路がとてもいい感じ!

案内されたところは、会議室のような部屋が2分してあり、半分が着物の展示会、半分が喫茶スペース。
この日のお茶会にはお茶席、点心、呈茶券がついていて、呈茶券でお茶を飲みに来た人に、コーヒーがいいかアイスクリームがいいか聞き、ひたすらお茶を出してさげるのが私の仕事。要するにウエイトレスさんですな。
うちの着物学院の大元の会社は新装大橋という京都の着物問屋らしく(あまり把握してなかった)、大きなお茶会に着物の展示会と喫茶スペースを設け、私は間接的に呉服を買ってもらうお手伝いなのだということがここでやっとわかりました(^^;

お客さんがみえるまで、展示会の商品を見学~
e0005204_0513979.jpge0005204_1231881.jpge0005204_0521336.jpg

西陣手織○○・・・豪華で高そう~
唐織ホニャララ・・・ほぅ、名前に唐織がついたのはみんなこの柄が入ってるな~
ぜんまい入りロウケツ染め(写真中央)・・・これは山菜のぜんまいの繊維が織り込まれてるんだ~
手織り爪綴(写真右)・・・織り師が爪をギザギザに切って、織る時に自分の爪でトントンってやって織ってできた帯なんだ~
当初の目的どおり勉強になりました(^^)

その中に非常に気になる帯を発見!
e0005204_0541119.jpg

え?あなた方はひょっとして河童ですか?

帯に河童?河童柄の帯?

惹かれる~!!!


いやいや、私はお仕事に来ただけでお買い物をしに来たのではないのです。しかも展示会での帯なんてお高いんでしょ?と気持ち的にスルーを装っていたのですが、同行した先生がちょっとお洒落な袋帯を気に入り、身内割引で安くしてもらって買うところを見ていたら、私も何か欲しいなーという気になり、ついに河童帯を指さし、「私はこれが気になるな~」と言ってしまいました。
担当営業の人に幾らにしてもらえるか聞いてみたところ、6万3千円を4万円にしてくれるとのこと。しかもこれは消費税、仕立て代込みの値段!
えー思ったより安いじゃーん!買えんことないなーと思ってしまったが最後、購入手続きをしてしまいました(^^;
そして無理だろうなーと思いつつ、「できれば今度の土曜に使いたいので、金曜日までに届けてもらえませんか?」と聞いてみたところ、なんとかしてもらえそうな返事だったので、4月1日のギフロマンチカには河童帯で行けそうなのです(^^)v

それから展示会を横目で見つつ、がんばってウエイトレスに励みました。
お茶会にはやはり8割くらいの方は着物でみえていて、いろんな着物姿が見られとても参考になりました。
販売には、呉服屋などに所属せずフリーで着物の展示会等で販売応援の仕事をしている女性が手伝いに来ていて、その方からも着物生地や織りのことなどいろいろ聞け、私もこれくらい詳しくなりたいなぁと思いました。
今回の展示会では実は目のとび出るような高額な商品はなく、最高でも25万円くらいまででした。問屋の展示会なので、デパートでン十万で売られている同じ商品がこういうとこでは安く買えるそうです。しかも今回は会場費にお金がかかっていないので、さらに安かったみたい。ホテルでの豪華展示会や、芸能人のゲストが来るような展示会は場所代やギャラが商品に加算されるので、高額になるんだという裏話まで聞けました。
なるほど、そりゃそうだよね~
今は河童帯が届くのがヒジョーに楽しみです!
[PR]
by minko1234 | 2006-03-25 22:26 | お買い物

ギフロマンチカ

来る4月1日(土)2日(日)に、岐阜県岐阜市美殿町にて、ギフロマンチカ第1回目のイベントが開催されます!
ところでギフロマンチカって何?という方もみえるでしょう。
インターネットのソーシャル・ネットワーキングサイト“mixi”で知り合った、岐阜在住着物大好き乙女ママのぽんきちさんが、岐阜を中心にキモノ乙女たちがワクワクするような着物フリーマーケットなどのイベントを企画するために立ち上げたものです。
★詳しくはここをクリック!

第1回目のイベントでは、着物の古着と全国から応募のあった作家さん等の和小物、雑貨が出品されます。
★こんな方々が出品されています
★商品の一部をここで紹介

この日は、年に2回の岐阜のお祭り道三まつりの日でもあり、ロマンチカの他にも色々なイベントが催されかなりの人で賑わい、着物にあまり興味のない人も楽しめるみたいです。
★場所と昨年秋の様子

e0005204_2315129.jpgギフロマンチカが出店する美殿町では、スペース・八百森2つながりで何度かお会いしたことのある、ほんまきよこさんが描いた「美殿町マップ」が用意してあり、楽しく美殿町を案内してくれます。
フリーであちこちに置いてあると思うので是非もらって見てね。

そして私は、4月1日(土)11時から2時まで、ギフロマンチカの会場で写真係りとしてお手伝いしまーす!
着物でいらしてくださった方の写真を撮って、店内に貼っちゃいますよ~
みんな私にポーズ決めてね!!

たぶんこの日は、1日中岐阜のまちをフラフラしていると思うので、見かけた方は是非声をかけてください。
着付けについての質問なども、わかることならどんどんお答えしますよ。どんどん聞いちゃってくださいね~(^^)v
[PR]
by minko1234 | 2006-03-23 13:00 | お知らせ!

梅林公園へ・・・

e0005204_21542199.jpg覚えているでしょうか?この帯のことを・・・
前回、前々回と2度に亘って、作りと材質と柄付けが安っぽいとか、仕立てがイマイチとか、手触りが、、、とかさんざん書いた福袋の帯です。
もうこれを締めることはないかも!と言っていた舌の根も乾かんうちに着ちゃってます・・・はい(笑)

日曜に岐阜の梅林公園の梅まつりに梅を見に行くことになったので、どの着物にしようかな~?と考えた時にふと思い浮かんだのがこの組み合わせだったのです。
この着物にはいつも黒い帯しか合わせたことがなく初めての試みで、帯揚げも淡い色のものを選んで、帯締めと帯留めは福袋のセットのものを合わせてみました。
思えば私は着物も帯も、帯揚げも帯締めも濃い色や渋い色のものばかりで、これからの季節向きの明るい感じのものが少なかったのですよ。(単や夏物は別ね)
さんざんケチをつけていた割に、けっこういい感じに使えてると思うのですが、どーですか?お客さん!
もちろん手触りや仕立てに対する感想は変わりませんがね(^^;
福袋を購入を決断する時に自分の中で理由をつけた、「自分の感覚で選んだものは色などの趣味が偏りぎみになるけど、自分では選ばないものが以外と似合ったり、持ってると重宝する色だったりして、ひょっとしたら新しい発見があるかも!」というのが、まさに実践されたというワケですな(^^)v
ちなみにこの時の帯結びは二重太鼓にしてみました。
この京袋帯の長さは3m90cm。
一般的な袋帯の長さが約4m20cm~4m40cmくらい
名古屋帯の長さは3m60cm前後
と、袋帯と名古屋帯の中間くらいの長さなのです。
京袋帯だと普通は一重太鼓を結ぶのですが、この長さは私にはやっかいな長さで、お太鼓だと長すぎでやり辛い!二重太鼓にするには短すぎでまたやり辛い!
なるべく帯が長く使えるように、結びではなく仮紐を使うやり方で、二重太鼓がちゃんと結べました◎

そしていざ目的の梅林公園へ。e0005204_23111684.jpg
e0005204_2310446.jpge0005204_2310937.jpg

写真ではよく咲いているところを撮るので、結構咲いているように見えますがまだ二分咲きくらいで、「梅林公園」と呼ぶにはちょっと寂しかったですね。今週末くらいが見頃なのかな?
おまつりはやっていなくても、もっと満開の時に再度見に来たいなぁと思いました。
e0005204_23144882.jpg

[PR]
by minko1234 | 2006-03-05 21:53 | 着物でおでかけ



着物でおでかけした日や授業だった日に書くブログ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール と リンク
※2016年度全日本着付け技能検定 1級・2級 取得

★出張着付けいたします(+ヘアセットも可)
着物の着付けに関するお問い合わせは→着付け依頼
★予約状況をチェック →着付け予約状況カレンダー

土日祝のみですが、一宮市の自宅で着付け教室を開催してます。
尾張一宮駅・名鉄一宮駅より徒歩10分くらい。駐車スペースもあります。
※最近忙しくなり、定期的なお稽古ができないので、初心者さんの教室はお休みしています。

◆知りたいことだけ・覚えたいことだけのピンポイント教室
○1回 2000円(2時間)

まず最初に、何を目標にしたいかをお伺いしますので、その目標に向かった内容で教室を進めていきます。興味のある方は↓
『みんこ先生の着物着付け教室』

住所・電話番号は公表していませんので、まずは各お申込みフォームか、miff32@hotmail.com へ連絡ください。




高校が一宮高校被服科でした。3年生で和裁班を選択。和裁と和裁の合間に普通授業がありました(--;

25歳より京都に本部のある「新装きもの学院」で着付けを習い始め、27歳で師範の免許をいただきました。
新装きもの学院(京都)

着付けを通じて、たくさんのいい出会いがありました。
仕事として厳しい指導をしてくださる方、着付け練習会で切磋琢磨できる仲間。
同じ位置でとどまらず、日々向上していかなければとがんばっています。
カテゴリ
以前の記事
検索
ブログジャンル
画像一覧